Translations:Development/Tutorials/KDE3/Qt Designer and KDevelop 3.0 for Beginners/90/ja

Jump to: navigation, search

この章ではレイアウト管理を説明します。プレビューでウィンドウのサイズを変えるとウィジットがきちんと配置されなくなることに気付くでしょう。ウィジットがリサイズされていないのです。これを改善するためにはスペーサーと呼ばれる Qt の機能を駆使する必要が有ります。スペーサーというのはウィジットを反対に押し返す仮想的なバネの様なものです。

noframe
 
Note
文字列が他の言語に翻訳された時には、よいレイアウトがアプリケーションにとって欠かせないものとなります。英語よりも長い言語に翻訳された場合にもウィジットがきちんと整列されている必要が有ります。ユーザーがウィンドウをリサイズした時にもウィジットが正しく配置されなければなりません。レイアウトは試行錯誤を繰り返してするものなので、Preview -> Preview Form を使ってレイアウトの結果を確認し、一番良いレイアウトを作り出して下さい。

This page was last modified on 30 January 2012, at 12:33. Content is available under Creative Commons License SA 4.0 unless otherwise noted.