KDE でコーディングを始めるということは、修正すべき問題などを見つけ、それを修正することです。そのモジュールの概要を調べ、探しているものを見つける必要があるかもしれません。 問題を修正したら、パッチを送信します。何回かパッチを送っていると、KDE コントリビュータアカウントを取得して、直接修正を行えるようにする必要性を感じるかもしれません。


This page was last edited on 8 September 2011, at 03:48. Content is available under Creative Commons License SA 4.0 unless otherwise noted.